株式会社ビーツーエンジン

HARRIER CAFE 「MAGICAL JOURNEY」

2015年

DEGITAL , DESIGN , EVENT , MOVIE , PLANNING , PRODUCE

二子玉川ライズにおいて2日間限定で開催したハリアーの世界観を体現するカフェ・イベント、『HARRIER CAFE MAGICAL JOURNEY』の企画・総合演出・デザインを担当しました。
天井に12基の大型プロジェクターを設置し、会場の床全体にプロジェクションマッピングする演出です。これに加えて、ハリアーのドアを開けたりトランクやボンネットのそばに立つと人感センサーによりシルエットのドアが開き猫が飛び出したり旅行バッグが飛び出してきます。

12基のプロジェクター映像を組み合わせた映像で、館内の床全体にマッピングしています。
シアターのようなムードの空間を演出しています。
白い床が突然崩れていきます。
映像に反応して遊んでいる来場者。
地球儀の上のハリアー。「旅をするイメージ」です。
トランクやドアを開けると、反応して映像が飛び出します。
子供達は、すぐに遊び出します。
ミラーハリアーに写り込む事で、ハリアーのロゴが浮かび上がってくるギミック表現。

©B2ENGINE

ページの先頭へ戻る

株式会社ビーツーエンジン
Incorporated company B2ENGINE

代表取締役及川晃が松下電機産業の広告宣伝部門『ナショナル宣伝研究所』を経て独立1989年設立。
広告企画制作、商品企画、イベント企画制作、空間・店舗プロデュース、ウェブ企画デザイン制作、テレビ番組企画制作、デジタルコンテンツ開発など、その活動は多岐にわたる。斬新なアイデアと企画の実行力において、競合にも強くさまざまなクリエイティブを実践している。
過去の代表的な実績として、ロフトの新店舗オープン広告や年間プロモーション(7年間)、西友のCMを担当(5年間)、東芝のDynabookのウェブサイトの企画制作(7年間)、Pepsi cola社の数多いブランドの商品開発からCMなど(4年間)JVCのグローバルCMなどジャンルや業種に拘らず、広告企画制作を続けている。
TVコマーシャル制作は150本以上、ロンドン広告賞・IBA(アメリカ)・ACC(日本)、朝日広告賞、グッドデザイン賞、等受賞他多数。
独創的な企画力と経験に裏打ちされた表現力に定評がある。また近年、アジアに於ける広告企画プロデュースも手掛け、台湾・上海・北京・福州での活動も。
h
株式会社B2ENGINE代表 及川 晃
1956年札幌生まれ。多摩美術大学インテリアプロダクト卒。

松下電気産業の広告企画宣伝部門である『ナショナル宣伝研究所(現クリエーターズマック)』在籍中に、SONYのCMやポスターなどを制作し解雇。止む無く独立を経て1989年株式会社 B2ENGINE設立。
広告企画、TV番組、商品企画、店舗プロデュース、イベント企画など、斬新なアイデアと企画を実践。全ての案件のコンセプトとディレクション全般を担当する。広告企画のみならず、新しい感性を持つ施設の企画、企業の新たなビジネスを提案している。パートナー企業の株価を上げることこそが理念としている。

株式会社ビーツーエンジン